2007年07月08日

お祭りを感じさせる写真を撮る





本日時間があったので、写真撮影のテストとダメ出しをしようと、カメラを持って某お祭りに出かけてみた。その模様を僕の撮影した写真と共に適当にお送りする。





行ってきたお祭りと場所はこちら。阿禮神社(あれいじんじゃ/Arei shrine)といって、1300年くらいの歴史があるそうな。鉄アレイかと思ったら違った。すまん、ギャグじゃなくて素でそう思っていたんだから。







本当なら山車が出てきてすごい盛り上がるそうですが、到着して30分くらいで大雨になってしまいそのまま退却。だから境内しか撮っていない。まいっか。







とりあえず所狭しと屋台が出ている。もうこれでもかくらい。焼きそばを食った。から揚げも食った。おなかいっぱい。









バナナチョコが売っている。今まで一度も食べたことがない。すごい甘そうだということは予想できるんだけれど、食べる勇気がない。しかもどうやって頼んだらいいのかさえよくわからない。というか、僕みたいな俄おっさんがこんなものを食うべきではないと思う。でも気になる。
今度の地元のお祭りの際は、中学生の知り合いがいたら買ってきてもらおう。








ほらほら、金魚すくいとかお祭りらしくない?いいね。でもこのおねいさんはひとつも取れていなかった気がするがそんなものか。










屋台の群れをかき分けると神社が現れてきてくる。あまり広い神社じゃないんだけれど、人がすごいたくさんいる。










神社の建物の中ではなにやら神事が行われていたが、おっさんと、中学生の女の子らしい人たちが7人ずつくらい向かい合って、神主さんがその周りをぐるぐるしている。何をしているのかまったくよくわからん。こんなことを1300年もしているのか。










境内を原チャリで横切るおっさんとかいたりなんかして、なんかすげーなんでもあり。











帰り際、ドラゴンズの立浪ファンと思われる少年を発見。犬の散歩をしているところを激写してしまった。そんなものばっかり撮っていてお祭りを堪能したのかよくわからなくなってきたので次回はその辺を反省して写真撮影をすることにする。


 

人気ブログランキングへ ←最近掲載を忘れていました。とりあえず押してくださいださい。

posted by まさひろ at 23:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

秋のお祭り
Excerpt: 江戸時代から続くお祭りの準備風景です。 毎年10月15日 早朝6時から村の神社で行われます。 この写真は前日の夜に作る、神社に飾るしめ縄を作っているところです。 しめ縄は男の人だけでつくりま..
Weblog: 日記
Tracked: 2007-10-22 20:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。